「名探偵コナン キャラクター紹介」イーサン・本堂

イーサン・本堂 は、『名探偵コナン』の登場人物。
CIAの諜報捜査員。日系2世のアメリカ人で、本堂瑛海(水無怜奈)、本堂瑛祐の父。

『名探偵コナン』イーサン・本堂のプロフィール

30年前にCIAへ入局して3年後に日本へ入国し、結婚した。
同じくCIAの娘・瑛海や仲間のバーニィと共に組織への潜入諜報を行っていたが、
4年前に瑛海の正体が組織に知られることを防ぐため、彼女に拳銃を握らせて
「諦めるなよ…瑛海、待ち続ければ必ず、味方が現れる」「俺の代わりに任務を全うしろ!!」
という言葉を遺し、彼女によって殺害されたと偽装して自殺しました。

もしもの場合に備えた準備、とっさの機転など諜報員としての能力は高い。
潜入中には、ボスへ直接メールを送ることもあった。

error:
タイトルとURLをコピーしました