「名探偵コナン キャラクター紹介」ピスコ(枡山憲三)

枡山憲三は、『名探偵コナン』の登場人物。黒の組織のメンバーだった。コードネームはピスコ (Pisco)。

『名探偵コナン』ピスコ(枡山憲三)のプロフィール

『あの方』に長年仕えていた組織の幹部の71歳の男性。表の顔は大手自動車メーカーの会長で、
コナンにも『経済界の大物』と評されており、その方面で大きな勢力、影響力を持っていた。

白髪と細目が特徴の老紳士で、表向きは落ち着いた言動を見せていましたが、
組織の一員だと発覚した後は年寄り臭い口調は影を潜め、細めていた目も見開いていました。

灰原の両親である宮野夫妻とは親しい仲で、開発中であったAPTX4869について聞かされており、
身体が幼児化したシェリー(宮野志保/灰原哀)を見て「君がここまで進めていたとは」と
語っていたことから、その本来の用途に関しても知っていたようである。

組織のメンバーだったアイリッシュからは父のように慕われていました。
組織内でも重要な人物だったようで、基本的に任務時に自身の判断で組織のメンバーを
処分できる権限をあの方から持たされているジンも、
ピスコの暗殺に関しては事前にあの方の許可を確認していたほか、
ピスコ自身も殺される直前に「あの方に長年仕えた私を殺せばお前(ジン)の立場も危うくなる」と命乞いを試みている。

老齢ながら練達した狙撃手でもあり、暗闇の中で布をかぶせた拳銃を用いてシャンデリアの鎖を
撃ち抜く技術を持つ。しかし後述のように不注意によるミスを犯したことから、
組織の力で出世したこともあってジンからは「耄碌(もうろく)したな」「あの老いぼれ」と
酷評され、作戦をサポートしていたベルモットにも「死んで正解だったわね」と
毒づかれている。使用拳銃はワルサーPPK。

『映画監督・酒巻昭氏を偲(しの)ぶ会』の会場で、収賄の発覚によって逮捕寸前だった呑口を
暗殺した後、会場を訪れていた灰原がシェリー(宮野志保)と同一人物であることに気づいた
ため、彼女をホテル旧館の酒蔵に監禁し、始末を画策する。
まもなく、コナンに犯行を見破られたために灰原もろとも始末しようと動くが、
その直前の銃撃でスピリタスが漏れ出して気化していたことに気付かず、
自身のタバコから引火して酒蔵が炎上するという想定外の出来事でひるんだ隙に、
コナンと灰原の脱出を許してしまう。

その後、呑口を暗殺する際に銃口を天井のシャンデリアに向けた瞬間をカメラマンに撮影されて
いたことに気付かず、その写真が翌日の朝刊の1面に掲載されるという失態が発覚したことで、
情報漏洩を懸念した『あの方』の命令を受けたジンに射殺された。
なお、死後には自宅が全焼したことが目暮警部の口から明かされている。

error:
タイトルとURLをコピーしました